文字サイズ標準拡大

背景色反転


事務所案内


事務所駐車場と玄関入口

駐車場からすぐにお入りいただけます。

バリアフリーの相談室

1階が相談室となっております。

最寄りの北鉄バス停「西警察署前」より徒歩2分



南川社会保険労務士事務所代表南川佐知子の写真

-事務所名-

南川社会保険労務士事務所

 

 

-代表者-

社会保険労務士 南川佐知子

登録番号 17160007

 

-事務所所在地-

石川県金沢市金石本町ロ33-1

 

 

-電話-

076-216-8908

-FAX-

076-216-8998

 -保有資格-

社会保険労務士

ファイナンシャルプランナー(AFP)

 

-営業時間-

 平日9:00~17:00

 

-出張相談可能エリア-

金沢市・かほく市・河北郡・羽咋郡・羽咋市・野々市市・白山市・能美郡・能美市・小松市

ごあいさつ

私は以前、年金事務所の職員で相談窓口におり、ご自身で障害年金の請求をしようとする人をたくさん見てきました。

その人たちにとって大変なことは、年金事務所は毎日たくさんの人が来られるので待ち時間も長いうえに、障害年金については公的年金の中でも制度が難しく、使われる用語も専門用語で一般の方には理解しづらく、手続きにも大変時間がかかることです。:

 

障害年金について多くを知っているわけではない身体や精神に障がいのある人にとって、年金事務所に来ること、手続きをすることは身体や精神に大変負担がかかります。途中で泣き叫ぶ人、怒る人、横になる人、伏せてしまわれる人、居座ることができずに途中席を外す人、パニックになる人がおられました。

それでも手続きが1回で終わることはあまりなく、3回~5回は年金事務所に来なければなりません。

 

書類の書き方を間違えれば、さらに手直しが必要です。それをすべて障がいのある人がご自身ですることは大変なことなのです。

障害年金については、最近はメディアで取り上げられたり、書籍もたくさん出ているので、自分は障害年金を受けられるのか、請求できるのか知りたい人もたくさんいます。

 

自分で動くことが困難という人のために請求の代行をしようと独立しました。障がいのある人は自分で動くことや働くことが困難で収入を充分に得ることができず、一般的には貧困です。できれば障害年金を得たいという人はたくさんいると思います。

障害年金請求業務に報酬を得て、代行請求できるのは資格のある社会保険労務士だけです。

しかし、障害年金請求をしている社会保険労務士はまだまだ少ないのが現状です。

それは、年金は制度の歴史も長く法改正も頻繁のため、苦手とする社会保険労務士が多いのが現状だからです。

 

私は、年金事務所で年金相談業務を過去にしており、現在も週に2回、委託業務で年金相談をしています。

障害年金における知識や相談の実績もあります。

駐車場を完備した事務所は平屋建てで、障がいをお持ちの方が訪れやすいということを意識しています。

プライバシーにも配慮し、また、事務所を訪れた方が障がい者であることが分かりづらい工夫もしております。

 

私は女性で母でもあるので、相談しやすい近所のおばさん的な雰囲気で、和やかに相談に来ていただけます。